中国地方女子部卒業生会の報告

広島市内が見渡せる「厳遊庭」展望台にて中国地方女子部卒業生の集いが、6月9日(日)の夕刻より、広島市内の日本料理店「厳遊庭」にて開かれました。出席者は27回生~62回生まで、併せて9名、そのうちお一人は島根県在住で、今年度委員長の栗栖さんでした。
中国地方での集まりは、平成10年に始まりましたが、今回は、これからの会の在り方について話しあうことを主な目的として集まりました。
羽仁両先生の生前の思い出話や、日々使命感をもって取り組んでいらっしゃる方のお話も伺うことができました。同じ志を持った卒業生同士、たとえ同じ時期に学園で学んでいなくても、共通の懐かしさと共にその生き方に励まされるものがあり、ぜひ一人でも多くの方と交わる機会を持ちたいと皆で強く思いました。

そこで次回は、鳥取・島根の方たちが集まりを企画してくださることになりました。これからも、中国地方で絆を感じられる集まりにしていきたいと願っています。(50回生 長谷川)