10月20日~21日 秋のタイマグラで東北在住者の集い

10月20日~21日、東北在住者会の集いをもちました。東京から学園長、女子部卒業生会から2名、同学会事務局も含む、22名の参加がありました。

1日目は67回生の安部、山代が住む岩手県の中央部、早池峰山の麓、川井村タイマグラ地区で。これまでとは趣きをがらりと変え、赤く色づきはじめた山を楽しみながらの自然散策。薪で沸かした桶のお風呂。同学会の八重樫さんからは参加者一同感嘆の声が出るほど沢山のマツタケ、薪ストーブで焼きながら豊かな山の幸を堪能。初参加者の多い今回の集まりでしたが、皆さんとの親睦を深めました。

2日目は会場を盛岡市南昌荘へ移し、昼食会。学園長から最近の学園の動き、女子部卒業生会、同学会からの報告、2日目のみ参加の50回生・三宅さんからは、長い大阪暮らしを経て岩手へ戻り、新鮮な思いで岩手の自然を楽しまれているご様子を伺いました。また今回欠席でしたが、タイマグラの暮しに深い共感をいただいた山形県在住の20回生・佐藤さんからのお便りをご紹介。それぞれの卒業後の年月を重ね合わせながら伺いました。

婦人之友12月号「自由学園だより」で学園長も書かれているように、現在の自由学園の発展に協力すると共に、卒業生の実りある繋がりを育てたいとの思いを強くしています。

67回生 山代

R8841124_10  タイマグラで全員揃って

R8841145_2  盛岡での昼食会

R8841011_10 R8841001_4
手づくりの山野の恵みをいただきながら